インドにてRedmi 9 Power発表。6000mAhバッテリー搭載で1万5000円から すまほん!!

 中国Xiaomiのサブブランド、Redmiは6000mAhのバッテリーを搭載する「Redmi 9 Power」を12月22日にインド向けに発表しました。

 一般的なスマホの二倍近くのバッテリー容量や4800万画素のメインカメラをはじめとする4眼カメラを搭載しつつ、1万990ルピー(日本円で約1万5500円)の低価格スマートフォンです。

 SoCは今年の1月ごろに発表されたSnapdragon 662で、AnTuTuベンチマークスコアは18万点ほど。ディスプレイは液晶(IPS)の6.53型、FHD+。

 カメラは4800万画素のメインカメラに加え800万画素の超広角、200万画素の深度測定+マクロの四眼構成。

公式サイトより、本機の超広角レンズで撮影された画像。

 筆者の所有するメイン機のバッテリーの減りが非常に早いため、バランスのよい本機には惹かれます。現状インド版でもSoftBankのみ必須バンド(B1/3/8)は掴みますが、当然のことながら技適を取得していないであろうことから注意が必要ですね。

OS MIUI 12 (Android 10)
SoC Qualcomm Snapdragon 662
メモリ 4GB
容量 64GB/128GB
画面 6.53型 (2340×1080)、 FHD+、IPS
カメラ 4800万画素+800万画素超広角+200万画素深度センサー+200万画素マクロ
インカメラ 800万画素
電池 6000mAh、18W急速充電、リバースチャージ対応
寸法 162.3×77.3 ×9.6 mm, 198g
LTE TD-LTE B40/41
FDD-LTE B1/3/5/8
3G WCDMA B1/5/8
生体認証 顔認証・指紋認証(本体側面)
その他 nano SIM+nano SIM+Micro SDカードスロット
IRブラスター(赤外線リモコン信号送信機)対応