楽天モバイルの「1GB以下0円」に、武田総務大臣「法的には問題ない」 すまほん!!

 令和3年2月2日、武田総務大臣閣議後記者会見が開催されました。

 大手3社新プランへ対抗する楽天モバイル新プランが出てきたことについて、記者から受け止めを求められました。

 武田総務大臣は、低中容量の領域において一層の低廉化を進めるのが今回のプランであり、本格的な事業者間競争が活発化してきた成果として受け止めているとし、国民利用者が実際に低廉化を実感できるよう、総務省アクションプランを着実に遂行し、乗り換えに無駄や余計なコストなどがないかを検証していくと述べました。

 また、楽天モバイルの「1GB以下0円」という料金設定について「いいのか」と、記者から法的な面の評価を問われると、「『いいのか』ということは是非楽天に聞いていただきたいと思います、我々が設定した金額ではないので」とし、「法的には問題はないものと承知している」と回答しました。

 総務大臣の回答通り、いくらの値段をつけようが総務省所管法令、電気通信事業法等への疑義は生じないでしょう。独占禁止法を管轄するのは公正取引委員会だからです。

 2021年1月29日に開催された楽天モバイル記者発表会の質疑応答にて、記者から法的問題を問われた楽天モバイル代表取締役社長山田善久氏は、今のところ独禁法の不当廉売への抵触等の問題はないとの認識を示しています。