「シャオミはGMSをサポートしなくなった」は虚報、公式が声明 すまほん!!

 「XiaomiがGMS(Google Mobile Service)をサポートしなくなった」との情報が、ネット上で広まっています。

 認証マークのついたXiaomi企業微博アカウント「小米公司发言人」は、本件について、真相を知らないネットユーザーやメディアが拡散しており、虚偽の情報を否定するために状況を明らかにする必要があると声明を発しました。

(『XiaomiスマホがGMSをサポートしなくなった」に関する情報についての声明)

 それによると、ソースとされた書き込みをしている「小米社区」は、熱心なXiaomiファンのユーザーグループコミュニティに過ぎず、Xiaomi社公式見解ではないとのこと。

 また、一部の中国国内モデルにはGMSサービスフレームワークがプリインストールされており、これらのモデルは影響を受けないといいます。GMSサービスフレームワークがプリインストールされていないモデルの場合、ユーザーがGMSフレームワークを自分でインストールすることはサポートされなくなるとしつつも、将来的には同フレームワークがプリインされ全ての人の需要に対応できるようになるそうです。

 なお、これらは中国大陸版の話であり、国際版は影響を受けないとしています。日本含む世界市場向けのXiaomi端末はGMSが前提であり、当然ながらGMS自体がプリインストールされ、買ってすぐに使えるようになっています。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)

こんな記事も読まれています

ファーウェイから独立後初、「Honor V40 5G」発売

「Xiaomi Mi 11」がイートレンに入荷

国際版「Galaxy Z Fold3/Flip3 5G」の予約受付、イートレンにて開始

国際版「Xperia 5 II」、イートレンで10月12日発売

緑色のSIMフリー版 Xperia 1 II、イートレンに入荷