YouTubeにニコニコ動画風コメントを導入する「Flow Youtube Chat」を解説 すまほん!!

 YouTubeでもニコニコできる!

 YouTubeの生放送やプレミア公開に最適な「Flow YouTube Chat」の紹介です。

Flow YouTube Chat

 その名の通りYouTubeの生放送・プレミア公開のチャットをニコニコ動画のコメントのように画面上を流れさせるスクリプトです。バグ修正も不定期的に行われています。

 一時的にコメントを画面上に流さないようにしたり、荒らしユーザーやNGワードをブロックしたりすることも可能です。ユーザーはワンクリックでブロックできるようになります。

(右下に専用のボタンが出現、オンオフを切り替えることが可能)

 スーパーチャット(投げ銭)の場合はコメントがスーパーチャットの金額に対応した色になります。

 設定画面ではフォントやチャットの色、透明度等をはじめフィルターの管理も可能です。

 主にYouTubeの配信のコメントは、画面外に用意されているチャットから閲覧するか、一部の配信者がそれを画面内に映しているのを見る選択肢がありますが、前者は全画面表示の際に閲覧ができず、後者は配信者によって見にくかったり遅延が大きかったりとそれぞれ欠点があります。

 ニコニコ動画のようにコメントが流れる形式のほうが優位性があり、かなり便利なスクリプトではないかと思います。

 なお、Flow YouTube Chatの仕様として、チャットの画面を開いていない時や最新のチャットを表示していない時には、コメントの設定にかかわらずコメントが表示されなくなります。

導入方法

 Flow YouTube Chatを導入するにはユーザースクリプトマネージャーのアドオンが必要です。

 ここではTampermonkeyを使用します。Chromeなど各種ブラウザで利用可能です。

Firefox / Opera / Chrome / Microsoft / Edge / Safari

 基本的に使う分にはTampermonkey側の設定は必要ありません。Tampermonkeyが正しくインストールされたことを確認したら、Flow YouTube Chatをインストールします。

Flow YouTube Chat

 「スクリプトをインストール」を選ぶと、Tampermonkey側の画面に遷移しますので、もう一度インストールを選択します。

 一般的なアドオンに比べ一手間多いですが、シンプルにまとめられており、導入は難しくありません。

 動画右下に出現したSettingsから言語を日本語に変更すれば完了です。こちらも設定はほとんど変更は不要ですが、白黒以外の文字が目に入ると気になる方は、「文字のみ(絵文字を無視する)」の設定をおすすめします。絵文字がすべて省略されるようになります。