OPPO Reno5 Z 5G正式発表。Dimensity 800U搭載のミドルレンジスマホ すまほん!!

 中国OPPOは、シンガポールとアラブ首長国連邦で「Reno5 Z 5G」を発表しました。

 SoCはミドルレンジに位置づけられるMediaTek製のDimensity 800Uを搭載。実行メモリは8GB、内蔵ストレージは128GBの構成のみ。

 ディスプレイは、6.43インチのAMOLEDディスプレイで、解像度は1080×2400のフルHD+。画面の下には、指紋認証センサーを備え、ディスプレイ左上にはカメラ用のパンチホールがあります。

 背面カメラは4眼で、4800万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ、200万画素のモノクロカメラが搭載されています。HDR動画撮影に対応。その他、AI Scene Enhancement 2.0、Dynamic Bokeh、Ultra Night Videoなど様々な機能を搭載。

 バッテリーは4310mAhで、30Wの有線急速充電に対応。イヤホンジャックを備え、NFCや5Gに対応しています。

 本体色はFluid BlackとCosmo Blueの2色。

(画像出典:GSMArena

 その他スペックと価格は以下の通り。

OS Android 11, ColorOS 11.1
SoC Dimensity 800U
実行メモリ 8GB
内蔵ストレージ 128GB
画面 6.43インチ、AMOLED
カメラ 4800万画素 + 800万画素 + 200万画素 + 200万画素
インカメラ 1600万画素
電池 4310mAh
寸法 160.1 x 73.4 x 7.8 mm, 173g
その他 30W有線急速充電、イヤホンジャック、NFC、5G
  • Reno5 Z 5G(シンガポール向け):529シンガポールドル(日本円で約4万3千円)
  • Reno5 Z 5G(アラブ首長国連邦向け):1499ディルハム(日本円で約4万4千円)

 このスマートフォンはReno5の下位モデルに位置づけられていますが、実のところ既発表済みのF19 Pro+ 5Gから充電速度とNFCチップをケチったリブランド品です。