シャープ、ライカと共同開発の巨大「1型カメラ」搭載「AQUOS R6」発表! すまほん!!

 SHARPは2021年5月17日、新型5Gスマートフォン「AQUOS R6」を発表しました。

 大きくない日本市場。それでも日本で旗艦を出す意味として、カメラや倍速駆動、持つだけで画面がつくなど、AQUOSが先駆けとなり世界に広がった機能も数多い、これからも積極的にイノベーションを起こすのはフラッグシップモデルだといいます。

 スマホカメラの在り方そのものを変えるカメラ。デジカメ並の大型1インチセンサーを搭載。他社のようにセンサーサイズを大きくした分、画素数を増やしているわけではなく、R6カメラの画素数は2020万画素。ドイツのカメラメーカーLeicaと長期パートナーシップを締結。

 その第一弾R6はセンサー、レンズ、画質調整に至るまでLeicaと共同開発。暗所ノイズは40%低減。

 センサー設計、レンズ設計、ソフトウェア画質調整。この3つはそれぞれお互いに絡み合うシステム。高い技術力を持っているLeicaとかなり多岐にわたって共同開発。

 しかし大型センサーに合うレンズは厚みが問題となります。そこでLeicaと膨大な数の光学シミュレーションを繰り返し、理想的な7枚のレンズを設計、周辺まで明るく改造性能15%向上、歪量1/10。

 他社に先駆けられたのはやはりレンズ開発が大きかった要因だろうといいます。

 iToFにより暗所でも正確にフォーカス。

 IGZO液晶と有機ELをいいとこ取りした自社開発生産「Pro IGZO OLED」。10億色階調表現。画面が止まると1Hzで省エネ、画面を動かすと120fpsで滑らか。黒挿入による240Hzでクッキリ滑らかに。最大輝度2000nit。デバイスと画質エンジンを社内で一体開発したことで高画質を実現。

 充電の繰り返しによる劣化を半減させる「インテリジェントチャージ2.0」により電池長持ち。指紋認証機能は、従来機種より11倍広い画面内3D超音波式指紋センサー「Qualcomm 3D Sonic Max」で認証速度は2倍。

 スペックは以下の通り。

OS Android 11
CPU Snapdragon 888 5G
オクタコア(2.8GHz+1.8GHz)
メモリ 12 GB LPDDR5
容量 128 GB
画面 6.6型 WUXGA+ Pro IGZO OLED
240Hz駆動(2730×1260ドット)
カメラ 2020万画素 1インチ
インカメラ 1260万画素
電池 5000mAh
寸法 74×162×9.5mm, 約207g
その他 IPX5、IPX8/IP6X
5G Sub6, おサイフケータイ
Buetooth Ver.5.2
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5GHz)

  発売時期は2021年6月中旬以降。取扱事業者はSoftBank、NTTドコモ。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ