ライカ、1型カメラセンサー搭載「Leitz Phone 1」。ソフトバンク独占販売 すまほん!!

 ソフトバンクは、ライカが全面的に監修した初のスマホ「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を正式発表しました。価格は18万7920円。2021年7月以降に発売予定。投入は日本のみ、ソフトバンクのみ。

 2016年に携帯電話向けカメラの開発を開始したライカ。ライカの伝統、ノウハウ、技術を結集してライカ初のスマホ開発に携わったといいます。

 企画が持ち上がったのは2019年7月。開発パートナーはSHARP。三社で企画を進めてきたとのこと。

 ライカ監修は、AQUOS R6はカメラまで、Leitz Phone 1はUI/UXまで。ライツルックスも使えます。

 ライカのカメラと変わらないレンズキャップあり。

 筐体はマットな質感。

 カメラは1型センサーを搭載します。

 ベースモデルないし兄弟機と言えるであろうAQUOS R6と比べると、ストレージ容量が128GBから256GBに増量されています。対応5Gバンドはn77/n78。各社4GプラチナバンドB8/B18/B19にも対応します。スペックは以下の通り。

OS Android 11
CPU Snapdragon 888 5G
オクタコア(2.8GHz+1.8GHz)
メモリ 12 GB LPDDR5
容量 256 GB
画面 6.6型 WUXGA+ Pro IGZO OLED
240Hz駆動(2730×1260ドット)
カメラ 2020万画素 1インチ
インカメラ 1260万画素
電池 5000mAh
寸法 約74×162×9.5mm/約212g
その他 IPX5、IPX8/IP6X
5G Sub6, おサイフケータイ
Buetooth Ver.5.2
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5GHz)

  発売時期は2021年7月以降。予約受付開始は6月18日。取扱事業者はSoftBankのみ。カラーはライカシルバー。全国ライカストアでデモ機体験も可能。

SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ