Galaxy A03s発表。Xperia Ace IIと同じHelio P35搭載 すまほん!!

 先日、Samsungから1万円台のエントリースマホ「Galaxy A03s」がインド市場向けに発表されました。

 Galaxy A03sのSoCはMediaTek Helio P35。2.3GHzと1.8GHzのCortex-A53のオクタコアで構成されており性能は低いものの、日本国内ではXperia Ace IIなどに採用されています。

 メモリは3/4GB、ストレージはeMMCの32/64GB。ディスプレイには液晶6.5インチのHD+(1600×720)を採用。カメラは1300万画素メイン+200万画素マクロ+200万画素深度測定の三眼構成と少々豪華になっています。インカメラは500万画素のティアドロップ型。

 USB-Cポートを備え、15Wまでの急速充電に対応し、バッテリーは5000mAh。側面指紋認証を採用していますが、Wi-Fiはb/g/nのみ、Bluetoothはv5.0とかなり控えめ。

 本体色は黒、白、青の三色で、価格はメモリ3GB/ストレージ32GBのモデルが11499ルピー(1万7600円)、同4GB/64GBのモデルが12999ルピー(1万9200円)。

OS Android 11(One UI)
SoC MediaTek Helio P35
メモリ 3/4GB
容量 32/64GB
画面 6.5型HD+(1600×720),画面占有率81.8%
カメラ 1300万画素メイン+200万画素マクロ+200万画素深度測定
インカメラ 500万画素
電池 5000mAh,15W急速充電,USB-C
寸法 164.2 x 75.9 x 9.1mm,196g
LTE B1(2100), B3(1800), B5(850), B7(2600), B8(900), B20(800), B28(700),B38(2600), B40(2300), B41(2500)
3G B1(2100), B5(850), B8(900)
その他 指紋認証、Wi-Fi 4、BT5.0、3.5mmイヤホンジャック

 先日マレーシア市場向けに発表されたXiaomiのエントリーモデル「Redmi 10」と比較するとスペックはどうしても見劣りしてしまいます。純利益率の低いXiaomiやそれに追従するコスパを叩き出すRealmeを前に、まだかろうじてスマホシェア1位を保っているSamsungですが、まだまだ努力してもらいたいところです。