噂:新型MacBook Pro「16インチ」「14インチ」量産開始か すまほん!!

 Appleが新型MacBook Proの量産を開始したと、台湾サプライチェーンに精通した業界紙Digitimesが報じています。量産を開始したモデルは14インチと16インチで、8月から11月までの月間出荷台数が60万〜80万台となる見込み。

 新型MacBook Proは、新しいデザインの採用、ミニLEDディスプレイとアップデートされたApple Siliconを搭載し、年内に発売されると予想されています。該当モデルは今年の第3四半期に量産が開始されると広く報じられていたので、今回のDigitimesの報道とも一致しています。

 Digitimesは以前の報道で、新型MacBook Proは今年の9月のiPhoneやApple Watchと同じタイミングで発表されると伝えていましたが、昨年11月の新型Macシリーズ発表時と同様に他製品と分けて発表するとMacrumorsは予想しています。

 先週、Appleはユーラシア大陸のデータベースにMacやApple Watchを含む複数の未発表製品を申請しました。これらが新型MacBook ProとApple Watch Series 7である可能性が高いと考えられています。

 また、AppleはミニLEDの生産能力を確保するために、追加投資を行い積極的にサプライヤーを探していると言われています。一方で、今年5月に発売されたiPadシリーズと同様に、発表と発売の時期が異なるとの予想もありますので、いち早く新型MacBook Proを手に入れたい方は、今後の動向により注目する必要がありそうです。