次は「三つ折り」スマホ?折りたたみAndroid試作機、サムスンディスプレイが公開 すまほん!!

 サムスンディスプレイは、現在韓国で開催中のディスプレイ専門展示会「IMID2021」にて、3つ折り型スマートフォンのプロトタイプ製品を公開しました。

 紹介動画からは、折り目が2つあるフォルダブルデバイスが確認できます。実際に折り畳んでいる様子を確認することはできませんが、確かにディスプレイ上部2ヶ所にヒンジがあることがわかります。

 サムスンディスプレイは、この技術を「multi-foldable」と呼んでおり、動画内の紹介では、製品名を「Samsung Flex in & out」としています。同社は、2021年5月に開催された世界最大のディスプレイ展示会「Display Week 2021」にて、「S-foldable」の名称でこの技術を発表しており、若干名称が変更されています、

 Android Authorityによりますと、市場で実際に発売される際の名称は、この3つではない可能性が高いとのこと。

 展示されたデバイスでは、アイコンの多くにAndroid標準のものを使用しているようでしたが、ホーム画面内の一部アイコンには、現在Galaxyデバイスに搭載されているOne UIのデザインと一致するデザインのものも確認できたため、現在3つ折りデバイス向けの One UIを開発中であると見られます。

 コンパクトな本体でありながら、通常のスマートフォンやタブレットと同じサイズのディスプレイを持ち運べる、折りたたみスマートフォン。折り目が増えれば、さらに大きなディスプレイを実現することができます。実用性は定かではないものの、今後製品化される際に、どんなものになっているのか、とても気になる技術です。