噂:M1チップレベルの処理能力?AppleのARヘッドセッドは2022年後半に登場か すまほん!!

 Appleが開発中と噂のARヘッドセットは、2022年後半に発表される予定であることが、TFIのアナリストであるMing-Chi Kuo氏がMacRumorsに寄稿した新たなリサーチノートからわかりました。

 同氏によりますと、AppleのARヘッドセットには、それぞれ性能の異なる2つのCPUが搭載されるとのこと。一つは、M1チップに近い高性能なもので、もう一方はセンサー関連を管理する比較的低性能なものが搭載されているようです。

 以前には、AppleのARヘッドセットには、機械学習に必要なニューラルエンジンは非搭載で、iOSとの連携により複雑な処理はiPhone側で行う可能性があるとの情報もあり、iPhoneとの連携が必須であるとの予測がありました。

 しかし、実際にはそうではなく、Macレベルの高い処理能力を持ったCPUが搭載され、iPhoneやMacがなくても、独立した動作が可能とのこと。Appleは、10年以内に「iPhoneをARヘッドセットに置き換える」ことも視野に入れデバイスの開発を行なっているようです。

 また、同氏によると、2つのプロセッサーに加えて、ソニー製の4Kマイクロ有機ELディスプレイを搭載することで、VR体験にも対応するとのこと。

 長年にわたって様々な予想がされてきた、AppleのARヘッドセット。ようやく、現実味を帯びた情報がちらほらと出てきました。何よりもまずは、「ユーザーの手が届く」範囲の価格設定の製品であることに期待したいですね。