噂:AppleのAR/VRヘッドセットはiPhoneとの連携必須に? すまほん!!

 Appleが近い将来に発売すると目されている、AR/VRヘッドセットを最大限利用するには、iPhoneとのペアリングが必要になるとニュースメディアのThe Infomationが伝えています。

 同誌によると、AppleはAR/VRヘッドセットに使用するための5nmカスタムチップを完成させており、まもなく本機の試作段階に入るとのこと。このチップは、無線によるデータ通信や電力の効率化に特化しており、機械学習のために必要なニューラルエンジンは非搭載。さらに、iOSデバイスと連携出来るように設計されているため、複雑な処理はiPhone側等で行うことが可能に。

 一方で、AR/VRヘッドセットにはCPUとGPUが内蔵されるため、機能を限定した状態でスタンドアロン即ち単独稼働が出来る可能性もあるとのこと。

 なお、AR/VRヘッドセットに使用するためのチップの製造は、iPhone用のチップなども製造しているTSMCが担い、量産は2022年になると見られています。

 AR/VRヘッドセットの発売は2022年度中との見方がある一方で、製造上の都合で、遅延もあり得るとのこと。

 Appleの内部情報に精通しているMark Gurman氏や、アナリストのMing-Chi Kuo氏も以前から近い将来にAppleはAR/VR/MRヘッドセットを発表すると伝えており、新製品の発表までそう時間はかからないかもしれません。

 いずれにせよ、我々一般消費者が手に届く価格設定でAR/VRヘッドセットが発売されることを祈るばかりです。