Redmi Note 11 SE発表。POCOから逆輸入の高コスパモデル すまほん!!

 Xiaomiは、中国にて廉価スマホ「Redmi Note 11 SE」を発表しました。

 SoCはMediaTekの廉価5Gチップ、Dimensity 700。同チップを備える端末ではAnTuTuベンチマークは30万点ほどとなっており、それなりに快適な処理性能が期待できます。ストレージは128GBと普通ですが、メモリは4と8GBのみの用意とやや珍しい構成に。

 ディスプレイは6.5インチの液晶フルHD+(2400×1080)で、リフレッシュレートは最大90Hzですが、30/50/60/90Hzの4段階での可変リフレッシュレートに対応しています。

 カメラは4800万画素+200万画素ポートレートの二眼で、インカメラは800万画素。撮影レートも最大で1080p/30fpsと貧弱で、撮影性能に期待は持てません。

 バッテリーは5000mAh、18Wでの充電に対応し22.5Wの充電器が付属します。指紋認証は電源ボタンに内蔵。

 Android 12をベースとしたMIUI 13は昨年末にリリースされましたが、Redmi Note 11 SEのOSは未だに1世代前のMIUI 12.5。これは外観からも予想できる通り、Redmi Note 11 SEはインドなどで販売されている「POCO M3 Pro 5G」のリネーム品となっているためであると予想できますが、POCO M3 Pro 5GにはすでにMIUI 13のOSアプデが利用可能になっているようです。

 本体色はグレーとブルーを用意。ベースのPOCO M3 Pro 5Gから、POCOのブランドカラーである黄色を除いた構成です。

ベースモデル POCO M3 Pro 5G

 価格はかなり安く、メモリ4GB/ストレージ128GBのモデルが1099元、日本円にして2万1000円ほどで、メモリ8GBモデルが1399元で2万6000円。POCO M3 Pro 5Gでは4/64GBモデルが用意されていますが、初出時の価格と比べると128GBのRedmi Note 11 SEのほうが安くなっています。中国携帯市場がレッドオーシャンである証左、ともいえるかもしれません。

OS MIUI 12.5(Android 11)
SoC MediaTek Dimensity 700
メモリ 4/8GB
容量 128GB
画面 6.5型 (×)
カメラ 4800万画素+200万画素ポートレート
インカメラ 800万画素
電池 5000mAh,18W
寸法 161.81×75.34×8.92mm,190g
5G SA:n1 / n41 / n78
NSA:n41 / n78
LTE FDD-LTE: B1 / B3 / B5 / B7 / B8
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
3G CDMA/EVDO : BC0
WCDMA:B1 / B2 / B5 / B8
その他