Galaxy Watch5の3Dレンダリングがリークされる。 すまほん!!

 Samsungが開発中と噂されている、同社の次期スマートウォッチ「Galaxy Watch5」シリーズに関して、同製品のものと見られる3Dレンダリング画像が、著名リーカーのEvan Blass氏によってリークされました。

 同氏が91mobiles経由で公開した画像や動画からは、「Galaxy Watch5」と「Galaxy Watch5 Pro」とみられる端末の詳しいデザインが確認できます。

 特に注目すべき端末は、コードネーム「ProjectX」の「Galaxy Watch5 Pro」。カラーバリエーションはブラックとグレーの2色となっています。

 この端末は、現行のGalaxy Watch4シリーズにおけるClassicモデルの後継機種であり、かつGalaxy Watch5シリーズの最上位機種であるとみられます。画像を見る限り、現行のGalaxy Watch4 Classicと比較すると、物理回転ベゼルがないことがわかります。

 以前から、Samsungに関する情報に詳しいSamMobileがClassicモデルの消滅を示唆していましたが、このレンダリング画像の登場により、Galaxy Watchシリーズの大きな特徴でもあった物理回転ベゼルが廃止される可能性がさらに現実味を帯びてきました。

 一方のコードネーム「Heart」の「Galaxy Watch5」は、基本的に現行のGalaxy Watch4とほぼ変わらない、物理回転ベゼルを持たない狭額縁デザインであることがわかります。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色展開となる模様。

 このほか、保護ガラスにGorilla Glassを採用したSuperOLED有機ELディスプレイを搭載するほか、現行モデルと同様に体組成測定や心電図測定が可能である模様。「Galaxy Watch5」シリーズは、2022年8月に開催が予想されるSamsungの新製品発表会において発表が見込まれています。

 「Galaxy Watch5」シリーズは基本的にマイナーチェンジであることが予想されるほか、物理回転ベゼルを好んでGalaxy Watchシリーズを購入するユーザーも一定数おり、発売後のユーザー評価にも注目が集まります。