「Honor Pad 8」正式発表。Snapdragon 680搭載の低価格タブレット。 すまほん!!

 中国Honorは、同社の新低価格タブレット「Honor Pad 8」を正式発表しました。

 「Honor Pad 8」は、背面中央にHonorのロゴが刻まれた、シンプルで高級感のあるデザインが特徴。また、ボディは金属製であり、手触りも良くなっています。本体カラーは、ミントグリーン、トーンゴールド、オーロラブルーの3色展開。

 ディスプレイは、解像度2000×1200の12型液晶で、画面占有率は87%。先代のHonor Pad 7よりもベゼルが細くなっており、かつベゼル色は本体カラーに関わらず全て黒色となっているため、ベゼルが目立ちにくく、より没入感のある映像を楽しむことができます。

 高音域・低音域それぞれ4つ、合計8つのスピーカーを搭載しており、独自のHONOR ListenとDTS:Xを組み合わせたサウンドシステムによって音質もパワーアップ。

 MagicUi 6.1の新しいホームレイアウトによって、生産性も飛躍的に向上したとのこと。6000を超えるアプリの分割表示をサポートするほか、Honor製スマートフォンとのリンク機能により、タブレット上でスマートフォンのアプリを操作したり、データを瞬時に共有することが可能となりました。

 SoCに米Qualcommの低価格帯向けSnapdragon 680を搭載。実行メモリは、4/6/8GBから選択可能であり、内蔵ストレージは128GBとなっています。なお、GMS(Google Mobile Service)は非搭載。

 「Honor Pad 8」は、現在Honorの中国公式オンラインストアにおいて、先行予約を受付中であり、2022年7月29日より発売されます。本体価格は、実行メモリ4GBモデルが1499人民元(約3万円)。なお、グローバルでの販売は現在のところ発表されていません。

OS Android 12,Magic UI 6.1
SoC Snapdragon 680
メモリ 4/6/8GB
容量 128GB
画面 12型 (2000×1200)
カメラ 500万画素
インカメラ 500万画素
電池 7250mAh
寸法 278.54 × 174.06 ×6.9 mm, 520g
その他 GMSなし