【iOSアプリ】iPhotoを早速試してみました

先日、新しいiPadが発表されました。その際にiPhotoもiPhone、iPad向けにリリースされれていたのはご存知でしょうか。Macでもリリースされているそうですが残念ながら私はWindowsユーザーなので詳しくは知りません。ごめんなさい。とりあえず、iPhotoについて解説していきます。

※画像は主にiPadを使用しています。iPhoneともさほど変わりはありませんので安心してご覧ください。

多機能なのに使いやすい編集

 これがiPhotoの編集画面です。他のアプリと比べてもずいぶんすっきりしてると思います。左側に写真がズラーッと表示されます。大きく表示したい画像を選ぶと右側にドーンと表示されます。

 

トリミング

標準の写真でも可能になっているトリミングですが、iPhotoでは更に細かく調節ができるようになっています。写真などで使いにくいなどと感じていた方には良いかと。

明度調節

かなり細かく設定できるようになっています。画像の赤枠の部分を調節することによって自由自在に明るくしたり暗くしたりできます。

色彩調節

色彩を自由自在に変えられます。RGBの調節もできますしかなり高度な調節が可能となっています。調節の仕方も簡単。更にWBというところをタップすると色調を一瞬で調節できます。自分で調節するのはちょっと難しいけど調節したい方などには最高の機能となっています

ブラシ機能

修復、赤目補正、彩度、明度、シャープ、ぼかしなどといった高機能なブラシをたくさん搭載。適応させたい場所を指でなぞるだけ。とても簡単です。

エフェクト機能

色温度、ダブルトーン、モノクロ、オーラ、ビンテージ、アートといったエフェクトを掛けることができます。それぞれでエフェクトのかかり具合を調節できるので簡単にエフェクトを自分好みに掛けられます。

撮った写真を仕上げたらあとは共有

iPhotoで良い感じに仕上げたら共有しましょう。メールやTwitter、Facebook、Flickerなどといった大手のネットワークサービスにも対応しています。またiPhotoを導入したiOSデバイス同士なら画像を転送することだってできます。AirPrintで印刷して飾るもよし。またAppleTVを使いAirPlayで大画面で表示し、家族や友達で一緒に楽しむこともできます。

気になる対応端末、価格

iPhotoはiPad2、第三世代iPad、iPhone4、iPhone4Sのみで動作します。iPod touchや初代iPadでは動作しませんのでご注意ください。また、iPhotoを使用するにはiOS5.1へのアップデートが必須となっています。気になる価格は450円となっています。ユニバーサルアプリなので一度購入すればiPad、iPhoneの両方で楽しむことができます。また容量が106MBと少し大きめですのでデバイスの容量が少ない方は気をつけて下さい。

高級 iPad2専用スタンド機能付レザーケース 豪華4点セット 黒(ブラック) 高級 iPad2専用スタンド機能付レザーケース 豪華4点セット 赤(レッド)


iPad 2 高防汚 PRO GUARD ARSH HD Professional Anti-Reflection Super Hydrophobic・プロガード ARSH / PGARSH-IPAD2R