国内メーカーの本気が見えた!?高性能・薄型・防水「MEDIAS ES N-05D」に注目!

 これがNECの本気!

 acroHDの影に隠れ、話題にもあまりなっていないMEDIAS ESことN-05D。しかし、このMEDIAS ES、よくよく見てみるとacroHDよりも良い部分が数多く存在します。

名前通りの”超薄型ボディ”

 MEDIAS ESはESの名の通り”エクストラスリム“な端末となっており、なんとわずか6.7mmの超薄型ボディとなっています。こんなに薄くても端末は非常にしっかりとしており、サイドのアルミフレームの効果も相まってMotorola RAZRにも引けを取らないくらいしっかりとしています

薄くても妥協の無いスペック

 薄型端末や小型端末は部品の実装スペースの関係上どうしてもスペックが低くなりがちですが、MEDIAS ESはスペックにも妥協がありません。

 といっても、言葉ではなかなか伝わりにくいものです。そこでほぼ同時期に出たガラスマのXperia acroHDと簡単にスペックを比較してみたいと思います。

MEDIAS ES Xperia acroHD
OS : Google Android 2.3 Google Android 2.3
重量 : 109g 149g
SoC(CPU) : Snapdragon S3 1.5Ghz
(デュアルコア)
Snapdragon S3 1.5Ghz
(デュアルコア)
メモリ(RAM) : 1GB 1GB
ストレージ(ROM) : 4GB(うち2.1GBシステム) 16GB(うち3GBシステム)
バッテリ容量 : 1,400mAh 1,840mAh
バッテリ交換 : ×
ディスプレイ : 4.3インチHD液晶 4.3インチHD Reality Display
画面解像度 : 1280×720 1280×720
カメラ : Sony Exmor R for Mobile
裏面照射CMOS
Sony Exmor R for Mobile
裏面照射CMOS
カメラ画素数 : 810万画素 1210万画素
撮影動画解像度 : 1280×720(HD) 30fps 1920×1080(FullHD) 30fps
Bluetooth : 4.0 2.1 + EDR
日本語入力 : ATOK + T9 SonyEricsson POBox 5.0

 

 基本的な機能では劣っている部分も見受けられますが、超軽量である、バッテリの取り外しが可能である、Bluetoothが最新版であるなど、MEDIAS ESが優っている部分も多々見受けられます。カメラの画素数は劣りますが、カメラというものは画素数が高ければ良いという事でもなく、画素数が無駄に上がるとノイズが増えるので、良いバランスなのではないかと思います。
(個人的には1200万画素でもまだバランスが取れているかな、というところですが)

 液晶についてもHD Reality Displayと同等までとはいかないものの、十分に綺麗で解像感のあるパネルだと感じました。

 スマートフォンラウンジで筆者が触った感じだとMEDIAS ESのNEC、docomoのホームアプリは確かに動作が最悪ですが、OSの動作についてはacroHD以上ということはないものの好印象でした。Android端末の利点としてホームアプリが変えられる、という点もあるので、ここについては自分好みのホームアプリにすることでいくらでも対処できるかと思います。また、静電ハードキーの感度も改善されており、過去のMEDIASシリーズやacroHDに比べ非常に操作しやすかったのが印象的です。

この薄さ、スペックで防水、防塵対応!

 そしてMEDIAS ESはこの薄さで防水に加えなんと防塵にまで対応しています。ちなみにacroHDは防水には対応しているものの防塵には対応していません。こういった部分でNECならではの技術が生きていますね。

まとめ 非常にバランスの良い端末。ただホームアプリは…

 MEDIAS ES N-05Dを触った感想としては、ステータスバーからのクイック設定タップサーチなどMEDIASシリーズの伝統的な便利機能もしっかり引き継がれており、非常に使いやすい一台に仕上がっていると思います。また、過去に存在した妙なカク付き等もそこまで発生しておらず、やっとAndroid端末の開発に慣れてきたかな、という印象を持ちました。

 またAndroid 4.0 IceCream Sandwitchへのアップデートも公式に明言されているので、今でも安心して購入できるのではないでしょうか。

 しかし、ホームアプリは一向に進化する気配が見られません。ただでさえドロワーのスクロールがカクカクしていたNECホームですが、高解像度化もあいまってか、もはやスクロールなのか怪しいレベルまでカクカクしてしまっています。ホームアプリは自分で入れ替えられるので特に問題になるわけではないのですが消費者が最初に触れるのはホームアプリなので早急に改善すべきじゃないかなぁ、と思った次第です。(docomo Palette UIも相当ひどいですが)