寒くてしょうがないので、「はめたままスマホを操作できる手袋」で乗り切りましょう

 今日は名古屋は雪です。超寒いです。

 寒いと指が悴んで仕方がないのですが、かといって手袋をはめるとスマートフォンが操作できないのが困りもの。

 最近ポピュラーになりつつあるのが「はめていてもスマートフォンを操作できる手袋」ですよね。

 なんでこんなものでスマホが操作できてしまうのか謎ですよね。

 最近のスマートフォンの画面は、殆ど「静電容量式タッチパネル」と呼ばれるものですね。原理としては、ざっくり、画面上に静電気が膜のように張っているものだと考えてみて下さい。その上に指を置くと、指の付近の電極の静電容量が変化します。その電気の流れの変化で指がどこにあるのか、タッチパネルが検知するわけですね。

 ここで通常の手袋の素材では、電気が流れないので、表面の静電容量は変化しないので、タッチした点を認識することが出来ません。

 そこで、最近のスマホ対応の手袋では、電気が流れるよう、手袋の指先部分に導電繊維が採用されているのです。これなら、指同様に触れた部分の静電気が変化し位置を検知できます。

 まあPDAやWinMoケータイのような旧来の「感圧式タッチパネル」だと、手袋だろうが何だろうが精度はともかく反応します。最近だと車載用の手袋対応タッチパネルや、手袋モードを利用できる、触れずに操作する「フローティングタッチ」に対応したSONYのXPERIA solaなどが登場しています。もっと普及すればいいんですけどね。

 とまあタッチパネルについて簡単に勉強したところで、とりあえずスマホ対応手袋さえ買ってしまえば冬はホッコリ幸せになれそうです。

Smart Touch Glove スマートタッチグローブ(ブラック) スマホ手袋 iPhone,iPad,スマートフォン,タブレットPCを5本指操作
Smart Touch Glove スマートタッチグローブ(ブラック) スマホ手袋 iPhone,iPad,スマートフォン,タブレットPCを5本指操作

iTouch Glovesスマートフォン対応手袋 Solid Colors(ブラック/L)
iTouch Glovesスマートフォン対応手袋 Solid Colors(ブラック/L)