国産ガラス 旭硝子製「Dragontrail」採用と思われる「XPERIA Z」、落下テストでも割れないことが明らかに

 「XPERIA Z」の落下テストの動画が上がっています。

 「XPERIA Z」を手に持った二人が、肩の高さぐらいからわざと落下させるというもの。

 拾い上げてみると…

 なんと無傷でした。1m以上の高さでしょうから、従来のiPhoneよりも頑丈そうにも見えます。

Dragontrailの耐久力

  「XPERIA Z」には、日本の企業 旭硝子の製造する「Dragontrail」が採用されていると言われています。(公式TwitterではGorilla, Dragontrailと同程度の強度という表現。ベンダーを隠す癖がありますね)


 
(image credit by glass-dictionary.com)

  「Dragontrail」は、アルミノケイ酸ガラスを原料とする化学強化ガラスです。あのゴリラガラスも同じ原料ですね。ソーダ石灰の一般的なガラスと比べると、その強度はなんと6倍。

 「Dragontrail」のメリットは、傷に強く、質感も高いことです。iPadシリーズやXperia Activeなどに採用実績があります。

「XPERIA Z」なら、大画面も怖くない

 従来の国内向けのXperiaシリーズは、ガラスなどの素材に拘っていませんでしたが、ただデザインがいいだけではなく、質感と実用性もちゃんと考えられているようで安心できますね。

 画面が大きくなるほど、筐体も大きくなり、ホールドしづらくなりがちです。「HTC J butterfly」にはありませんでしたが、「XPERIA Z」にはストラップホールがあるため、安心して使うことが出来そうです。

 傷もつきにくいとなると、多少ラフに扱っても大丈夫そうです。発売が楽しみになりますね。

情報元:Youtube 経由:XPERIAblog

この記事にコメントする

comments powered by Disqus