Android 4.1の「Google Now(ホームボタン 上フリック)」の誤作動頻発と、その対策。

 「Google Now」は、Android 4.1 Jelly Beanから採用されているパーソナルアシスタント機能です。

 オンスクリーンキーのホームボタンを上フリックすると、いつでも「Google Now」が起動します。

 Web検索履歴やGmailと連動し、朝は天気予報を教えてくれたり、交通情報やフライト情報を先回りして教えてくれたり、あなたの好きそうなアーティストを分析して勝手にイベント情報を表示してくれたり……とてつもなく便利で、とてつもなく気持ちの悪い機能です。嫌いな人はトコトン嫌いな機能かもしれません。

 また、呼び出す位置がホームボタン付近ということになりますので、やたらフリック入力の誤入力を誘ってきます。入力していた文字列が、消えてしまって、やり直し!なんてことも。「わ を ん」入力時は特に。

 邪魔な人にとっては、本当に邪魔です。さっさと対策しちゃいましょう。

ATOKやPoBOXを使っている場合

 XPERIA Z SO-02Eからは、PoBOXのキーボードの位置が変えられます。

 一番左下のアイコン「あ A」を長押し、図ようにボタンを押せば位置を調整できます。

 また、多くのAndroid端末にプリインストールされ、一般販売もされている、定番の文字入力アプリ「ATOK for Android」を使っている場合も、最新版であれば位置調節可能です。

 こんな感じに、キーボードとホームボタンを離しておけば、誤入力を防止できます。

とにかくGoogle Nowが邪魔っていうのなら……

 しかし誤入力とか以前に、気持ち悪くないから立ち上げたくない、消してしまいたいという人もいます。

 そういう人は、お馴染みの「無効化」で対処しましょう。

 「設定→アプリ→すべて→Google検索」 へ移動。

 もしアップデートがあれば削除を押せば、ボタンが無効化に変わるので、それを押すだけです。

 これで、「Google Now」は起動しなくなります。ただしGoogleの検索ウィジェットも無効にはなります。代替アプリなどを入れる必要がありますね。

 どこかのキャリア謹製アプリとは異なり、特に削除できないように対策されてはいませんので、邪魔だと感じているなら、ぜひ試してみて下さい。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus