システナが国内初のTIZEN(タイゼン)搭載タブレットを開発 加速する第三勢力

 ドコモが年内にも搭載端末を発売ということで注目があつまるモバイル向けOS「TIZEN」(タイゼン)ですが、株式会社システナは日本で初めて同OSを搭載したタブレット端末の開発を行いました。

 ディスプレイサイズは10.1インチ、解像度は1920×1080、CortexA-9のクアッドコアCPUを搭載するなど、昨今のアンドロイドタブレットに引けをとらないスペックです。

 搭載するOSのバージョンはTIZEN 2.0で今後はTIZEN2.1の実装と操作性の向上、車載を含めた総合的なサービス対応に向け TIZEN IVI への対応を進めています。

 初のお披露目となるのは「スマートフォン&モバイルEXPO 秋」(10月23日)で、それまでに同OSを搭載した他の端末が投入されるかも注目のポイントです。

 「出る出る」と言われていながらもいまいち実感のわかなかったTIZENですが、今後の業界の動きを含め、チェックしていきたい製品ですね。

 主な仕様は以下の通りです。

ディスプレイ   10.1インチ 1920*1080
CPU  ARM Cortex-A9 1.4GHz
クアッドコア 
RAM 2GB(DDR3) 
内蔵フラッシュメモリ 32GB 
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n 
カメラ フロント 30万画素
バック 200万画素 
外部メモリ  microSD

この記事にコメントする

comments powered by Disqus