2倍高速化された新型「A7プロセッサ」が、iPhone 5sの「クラッシュ率」を2倍にしている?

5S-home-button

 iPhone 5sのアプリケーションがクラッシュする確率は、iPhone 5や5cの実に2倍であるという調査結果が発表されました。 

 新しいOSがリリースされると、アプリの互換性に問題が起きることは必ずしも不思議なことではありませんが、5sのみクラッシュしやすいというのは、少々不可解ではあります。同じiOS 7を搭載しながら、5や5cよりも高確率でアプリがクラッシュするということは、要因はiPhone 5sにのみ搭載されている、新型のA7プロセッサにあるということになります。

 iPhone 5sは64bitアーキテクチャ採用のA7プロセッサと、64bit版iOS7で動作しています。アプリ開発者が、64bit環境での動作チェックを完璧に行えていないということが考えられます。

 以前より2倍高速になったことを謳って登場した64bitのA7プロセッサが、クラッシュ率も2倍にしてしまったというのは何とも皮肉な話です。今後、アプリ開発者がiPhone 5sでの動作チェックを行っていくことで、こうしたクラッシュ率の高さは低くなっていくことが期待されます。

 また、これとは別に「BSOD(ブルースクリーンが表示され強制再起動されるバグ)」という現象もiPhone 5sで確認されており、A7プロセッサに起因する問題は、他にもあるのかもしれません。

 ちなみに私の環境でも「BSOD」が一回、ブルースクリーンを伴わない強制再起動が複数回あり、さらにアプリのクラッシュに至っては相当数あるため、かなり不安定だと感じています。Appleストアに交換を求めるべきなのか、アップデートを待つべきなのかも、判断に迷っている状況です。

 いずれの問題も、Appleの正式なアナウンスや早期アップデートが求められるところです。

情報元:AllThingsD

この記事にコメントする

comments powered by Disqus