スマホゲーマ必須。全画面表示でもバッテリー残量が分かるアプリ「バッテリーゲージ」

 スマートフォンを使う上で必ず心配になるのがバッテリー残量ではないだろうか。最近ではバッテリーの持ちが良いモデルも数多くリリースされているが、ゲームをしていると「あれ、もうバッテリーがない……」という経験をされている方も多いはずだ。

 Androidではバッテリー残量を確認するアプリは数多くがあるが、今回紹介する「バッテリーゲージ」はゲームを全画面でプレイしていても常にバッテリー残量が確認できる、小技系のアプリである。

 「全画面表示をしているのにどうやって表示するんだ?」と、疑問に感じた方も多いはずだ。早速動作している様子をスクリーンショットをご覧いただきたい。

screen_battery

画像をクリックして拡大

 文字が非常に小さいため一部を切り抜いて拡大してみた。拡大図の黄色い枠に囲まれた部分に今日の日付とバッテリー残量が表示されている。この文字は非常に小さく自己主張が少ないためゲームの没入感を邪魔しない。

Screenshot_2014-03-17-22-03-55 Screenshot_2014-03-17-22-04-08

 設定方法も簡単で、アプリを開いてバッテリーバーが表示される位置や時計をカスタマイズできる。設定ができたら画面下部の「開始・更新」をタップすればバッテリーバーが表示されるようになる。設定で電源ON時に開始するよう設定しておけばスマホを再起動しても、アプリを起動させる手間を省くこともできる。

 このアプリを使えばバッテリー残量がいつでも把握が可能。筆者としてはついついゲームに熱中しすぎてしまう、スマホゲームヘビーユーザに是非オススメしたいアプリである。

badge-googleplay-google-play

 

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus