IFA2014:レノボ、前面800万画素カメラ搭載の64bit対応ファブレット「VIBE Z2」と、MediaTek製8コア搭載「VIBE X2」を発表

 Lenovo-Vibe-Z2

 中国Lenovoは、64bit対応のAndroidスマートフォン「VIBE Z2」を正式発表しました。

 これは先月発表されたVIBE Z2 Proとデザインはそっくりですが、性能は落ちています。しかしインカメラは800万画素に強化されており、エントリーレベルのスマートフォンとしては、自撮り(セルフィー)を重視する層には魅力的です。

OS Android 4.4 KitKat with VIBE UI
CPU  Qualcomm製 64bit対応 Snapdragon 1.4GHzクアッドコア
メモリ  2GB
ストレージ  32GB
 ディスプレイ 5.5インチ HD
カメラ  1300万画素
インカメラ  800万画素
 バッテリー 3000mAh
その他   金属筐体, デュアルSIM

 また、同時にVIBE X2も発表。こちらは側面の多階層デザインがちょうどiidaのPLYみたいで可愛いですね。カラーバリエーションはホワイト、レッド、ゴールド、ダークグレイ。

lenovo-vibe-x2

OS Android 4.4 KitKat with VIBE UI
CPU  MediaTek MT6595 オクタコアプロセッサー
メモリ  2GB
ストレージ  32GB
 ディスプレイ 5インチFull HD
カメラ  1300万画素
インカメラ  500万画素
 バッテリー 2250mAh

 Vibe Z2は$429、X2$399で、10月発売の見通し。中国市場が先行し、南アジア、西欧、ラテンアメリカでも発売される模様です。

 スマート家電を推進するNBDプラットフォームや、中国市場シェア第3位など、大きな存在感を発揮するLenovo。これからも面白い機種の登場に期待したいところです。

IFA2014の最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus