ファーウェイ、4100mAhバッテリー搭載6型ファブレット「Ascend Mate7」をSIMフリーで日本市場投入。12月発売へ

d2531-51-366197-1

 中国Huawei(ファーウェイ:華為技術)は、日本市場にフラッグシップモデル「Ascend(アセンド) Mate7」を投入することを明らかにしました。これは同社がIFA2014で発表したモデル。同社の日本向けSIMフリースマートフォン第3弾として、12月よりMVNO各社、家電量販店にて、オープン価格で販売予定。発売日は12月以降。

 「Ascend Mate7」は、ファーウェイグループのHiSilicon製が開発した最新チップセット「Kirin 925」を搭載した、6インチのファブレット端末。同プロセッサはSnapdragon 8xxに勝るとも劣らない処理能力を有しています。ディスプレイサイズは6インチ。画質、視野角に優れたJDI(ジャパンディスプレイ)製IPS-NEO液晶を搭載しています。

hw_366490

 さらに4100mAhの超大容量バッテリーを搭載しながらも、薄さ7.9mmを実現し、ベゼルも2.9mmと細めに。水に濡れた指でも反応する指紋認証センサーやアルミボディといったトレンドも抑えています。

OS Android 4.4 KitKat / Huawei Emotion UI 3.0
CPU HiSilicon Kirin 925
オクタコア(ARM Cortex A15 1.8GHz ×4, ARM Cortex A7 1.3GHz
×4, i3 Co-processor 230MHz x1)
メモリ 2GB
ストレージ 16GB, microSDカードスロットあり
ディスプレイ 6インチ LTPS インセルタッチパネル Full HD, 368ppi
カメラ 1300万画素, レンズ F値2.0, BSI
インカメラ  500万画素
 バッテリー 4100mAh
その他  LTE Category 6対応(下り最大300Mbps)

  ファーウェイはSIMフリーモデルを精力的にリリースしています。XPERIA Z Ultraの後継ラインが期待できない今、6インチ台という画面サイズの「難民」にとって、意外な選択肢が登場したと言えるかもしれません。

[追記]国際版にあったゴールドモデルは日本では販売されないようです。あわせて一部画像を差し替えました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus