料金据え置きで通信容量増加、MVNO各社がIIJに追随

iij_mio_sim_001

 IIJ(インターネットイニシアティブ)は、IIJmioの各プランの通信容量の増加措置を発表しました。料金は従来と変わりません。4月1日より自動で増量されます。

 高速データ通信のクーポンが増量されます。「ミニマムスタートプラン(900円/月)」は2GB/月から3GB/月に、「ライトスタートプラン(1520円/月)」は4GBから5GBに、「ファミリーシェアプラン(2560円/月)」は7GBから10GBになります。

 これに追随し、NifMoやhiho LTE typeD も同様の増量措置を発表。楽天モバイルも2.1GBパックを3.1GBに、4GBパックを5GBに、7GBパックを10GBに増量。さらにOCNモバイルONEも増量措置を発表するなど、各社の対抗策が相次いでいます。いずれも料金据え置きであるのが特徴的です。

 各社の増量によってMVNOユーザーの使い勝手が向上することは間違いありません。携帯大手キャリアの高額な通信料金に対するオルタナティブとして、MVNOとしての存在感がより大きくなったように感じます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus