ドコモ、端末購入後6ヶ月間はSIMロック解除に応じず。

N

 NTT docomoは、総務省のSIMロック解除ガイドラインの改正を受け、SIMロック解除手続きの変更を発表しました。

 5月1日以降に発売される機種について、SIMロック解除の事務手数料は、ドコモショップ・電話の場合は3000円、Webサイト経由では無料。

 また、5月1日以降発売の機種は、機種購入日から6か月間、解除制限期間を設けるとしています。

 以前からNTT docomoはSIMロック解除サービスを提供してきましたが、これまでは購入直後もSIMロックの解除が可能であったので、すぐに海外渡航があっても問題なかったですし、中古白ロムでも解除可能で便利でした。

 今回の解除制限期間の新設により、半年間は他社・他社系MVNO・海外現地SIMで利用できないことを意味しており、明白な改悪と言えます。端末代を完済さえすれば完全にユーザー本人の所有物になるべきであり、私はSIMロック解除に制限期間を設けるのには反対です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus