テザリングAPN強制変更が再有効化される起点はSIMの差し替えか

xperia-z3-compact

 Xperia Z3 Compact SO-02Gを、adbコマンドでテザリングのAPN強制変更を解除しています。しかしSIMロック解除後や海外現地SIM利用時などに、テザリングAPN強制変更の処理が再び入るようになってしまい、テザリングが失敗するようになりました。その度にコマンドを再度打ち込む必要があります。

 この件について、私は原因を再起動であると推測していましたが、カレー猫さんより情報を頂きました。

 それによると、テザリングAPN強制変更の処理が元に戻る起点は、SIMの入れ替えであるとのこと。これはドコモ系MVNOのSIMカードを抜いて挿し直した場合も同様の事象が起きるようです。SIMの入れ替えには再起動が伴いますので、腑に落ちました。

 渡航後にSIMを買って挿したら、コマンドをいちいち打ち込むなんて到底スマートではないので、海外渡航にはSIMフリー機がおすすめです。私の環境ではASUSのZenfone 2とNEC Aterm MR03LNが大活躍しています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus