Kirin950搭載、狭額縁6型ファブレット「Huawei Mate 8」正式発表!Mate 7後継機に

Huawei-Mate-8_1

 Huaweiは、ファブレット端末「Huawei Mate 8」を正式発表しました。昨年9月に発表されたAscend Mate 7の後継機であり、画面サイズは6インチとなっています。(Mate Sは5.5インチ。)ベゼルレスデザインにより前面の画面占有率が高く、横幅も抑えられています。

 ボタン配置はMate 7を概ね継承。指紋認証センサーは形状が丸型になりつつも、配置は同じく背面。

Huawei-Mate-8_4

  SoCには、Exynos 7 OctaやSnapdragon 810をも凌ぐと言われるHiSilicon製Kirin 950オクタコアプロセッサを搭載。コアはARM Cortex-A72 ×4 / Cortex-A53 ×4にて構成されています。

OS Android 6.0 Marshmallow, Emotion UI
CPU Hisilicon Kirin 950 オクタコア(2.3GHz+1.8GHz)
メモリ 3 / 4 GB
ストレージ 32 / 64/ 128GB
ディスプレイ 6インチIPS Full HD / WQHD
カメラ 1600万画素
インカメラ  800万画素
 バッテリー 4000mAh
寸法  157.1×80.6×7.9mm, 185g
その他  指紋認証センサー, Dual SIM, LTE

 Mate 7の後釜としてはMate Sではなく、Mate 8だと思っています。Mate Sはバッテリー容量が2700mAhですが、こちらは4000mAhです。(Mate 7は4100mAh。)Mate 7 / 8は、片手操作こそあまりできないものの、電池を気にせずに使える優秀なサブ機と言えます。

 カラーリングは4色。モカブラウンが一番好きです。

Huawei-Mate-8-official-images

 3GB RAM / 32GBのモデルが2999元または3199元、4GB RAM / 64GBのモデルが3699元、4GB RAM / 128GBのモデルが4399元。

 2016年の第1四半期に中国市場で発売予定。日本市場での登場が待たれます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus