キングジム、モバイルバッテリーで充電可能な変態Windows端末PORTABOOKを発表。

d288-300-439215-5

 キングジムは、Windows 10搭載のモバイルPC「PORTABOOK(ポータブック) XMC10」を正式発表しました。発売日は2016年2月12日。

 メモデバイスPomeraを彷彿させるギミック「スライドアークキーボード」を採用。2つに折りたたんで、A5手帳サイズ(204×153mm)でコンパクトに持ち運び可能。

d288-300-635453-2

 使用時には大きく開いて快適に文字入力できます。

d288-300-201033-1

 キーピッチは18mm、ストローク1.5mm。

d288-300-588116-3

 重量は830g。端子はHDMI、VGA、USBポート、SDカードスロットなど充実したインターフェイスを備えます。充電は同梱のACアダプタはもちろん、タブレット用モバイルバッテリーであればmicroUSB端子で充電可能。持ち運びに最適です。バッテリー駆動時間は理論値5時間、充電時間3時間。d288-300-380098-4

 スペックは、Windows 10 Home 64bit、Intel Atom x7-Z8700 1.6GHz、メモリ2GB、8型TFT液晶、ストレージ32GBなどかなり控えめ。

 本機は常用するメイン機には全く成り得ないものだと考えますが、例えばビジネスマンの出張用としてのサブ機には打って付けでしょう。Ultrabookなど軽いノートPCは増えてきていますが、インターフェイスが犠牲となっているのでVGA変換アダプターやSDカードリーダーを別途持ち歩く必要がありますし、ACアダプターが重たいので荷物がかさばります。しかし本機であれば、本体がコンパクトで軽量ながらも、フルサイズのVGAやSDカードリーダーを搭載し、充電器はスマホ/タブレットとも兼ねられますので、出張の荷物は最小限で済みます。マス層には不要ですが、特定のターゲットには刺さる製品だと思います。

 光学式フィンガーマウスの使い勝手など、気になる部分はありますが、注目したいデバイスです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus