高市総務大臣、iPhone 7の「総務省指定」刻印に言及。電磁表記に変更も検討か

iphone-7-soumusyou-sitei

 Appleの新型モデル「iPhone 7 / 7 Plus」が発売されました。

 しかし国内モデルのSKUはFeliCa搭載とSuicaカードの読み取りによって、「総務省指定」の文字が背面に刻印される形となっています。

 このような変更に対してはファンからは不満の声もこぼれ、賛否両論となっています。

 これについて産経新聞が報じたところによれば、監督官庁総務省のトップを務めている高市早苗総務大臣は、電波法の技術的条件を満たすために型式を指定したもので問題ないとの見解を示し、「かっこ悪いと言われると大変がっかりです」と肩を落とす場面もあったとのこと。

 一方で、スマートフォンの画面上に表示する制度変更を検討しているともしており、技適マークと同様、背面刻印から電磁表記に変更される可能性も出てきました。ぜひ電磁表記への変更を期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus