中国版Pepperが登場。中国アリババ製OSを搭載

pepper

 ソフトバンクロボティクスホールディングスは、人型ロボット「Pepper」を中国市場でも展開することを発表しました。

 中国ではアリババグループとソフトバンクグループの合弁会社「Alibaba Robot Corporation」が、Pepperの事業展開を行うとのこと。

 Pepperとは、SoftBankの買収した仏アルデバラン社が開発、鴻海が製造を行う、感情認識機能を特徴とする人型ロボットです。

 中国市場向けPepperは、アリババが開発・提供する「YunOS」を搭載し、中国独自のサービスとして販売するとのこと。YunOSはAndroidベースのOSです。

57d09b0b78f12

 本日より開催されているAlibaba Cloud 2016 Computing ConferenceにてYunOS搭載版Pepperの試作機を展示しているとのことです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus