PC同等ATOK搭載、シリーズ初の無線LANを搭載した最強のテキスト入力マシン「ポメラDM200」、10月21日発売。

 株式会社キングジムは、デジタルメモ「ポメラ」シリーズの最新モデル「ポメラ DM200」を正式発表しました。

r20161004_pomera_DM200_large

 パソコン版ATOKと同等の日本語エンジンを謳う「ATOK for pomera[Professional]」を採用。従来比3倍の豊富な語彙力に加え、高度な連文節変換を実現します。

 画面はWSVGA(1024×600ドット)解像度の7インチTFT液晶。重量は580g。キーボードはJIS配列でキーピッチ17mm。

slide_04

 電源を入れるとすぐに起動し、最大約18時間連続駆動。充電端子はmicroUSB。モバイルバッテリーからも充電できます。本体ストレージ容量は128MB。SDHCカードにより最大32GBの容量拡張も可能。

 シリーズ初の無線LANを搭載し、作成した文章のメール送信やiPhone・Macとの同期や、Evernoteやクラウドストレージとの連携も。さらにQEコードへと文章データを変換しスマートフォンに転送する機能も備えます。

 フォントにはモリサワ「UD新ゴR」と「UD黎ミンR」を採用。国語辞典・英和辞典・和英辞典・角川類語新辞典.Sも搭載します。

 価格は税別4万9800円。発売日は2016年10月21日。

 無駄な機能を削ぎ、テキスト入力に集中できるということでヒットしたポメラ。ここにきて基本機能のブラッシュアップと、必要最小限の通信機能を付加したことで、より進化したマシンとなった印象を受けます。やや値は張りますが、コンセプト買いの製品なので、文字打ちを生業としている人には十分な選択肢となるでしょう。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus