サムスン、欠陥スマホ「Galaxy Note 7」の発火原因調査の結果を1月23日に発表へ

galaxy-note_7

 Galaxy Note 7の発火原因に関する調査がSamsung自らの手によって行われました。

 ロイター通信が報じたところによると、Samsungはバッテリーが主な原因であったと結論づけているようです。ロイターにリークした情報源は「問題に精通した関係者」。

 投資家や専門家は、Galaxy Note 7のどこに欠陥があったのか、説得力のある情報をを明らかにすることが再発防止と消費者の信頼回復に繋がると指摘しています。

 調査結果の正式発表は、第4四半期の業績が発表される直前の1月23日になる可能性が高いものとみられています。この発表と同時に、Galaxy S8など今後の製品に関連する再発防止策を発表するもようです。

 この件について、ロイターによるSamsung広報部への質問はコメントを拒否されました。

 このロイターの情報源がバッテリー自体の問題と結論づけている一方、朝鮮日報は、Samsungに近い業界関係者の情報として、若干異なる見方を伝えています。いわく、狭い空間にバッテリー容量を増やしすぎ、加熱を予想できなかった内部設計と、バッテリーの熱管理ソフトウェアの欠陥が、複合的に作用した結果だったとのこと。

 若干の差異はあるものの、2つの報道は、Samsungが調査結果の報告を1月23日に発表するという点において一致を見せており、確度の高い情報と考えられます。