ミッドレンジモデルHTC One X10正式発表。大容量4000mAhバッテリー搭載で約3万8千円

 台湾HTCは、新型スマートフォンHTC One X10を正式発表しました。

htc-one-x10-colour-range-silver

 HTC One X10は、プロセッサにMediaTek製のHelio P10 オクタコア MT6755を採用したミッドレンジモデルとなります。

 ミッドレンジモデルながらも、着脱不可の4000mAhの大容量バッテリーを搭載することが特徴です。前モデルHTC One X9が3000mAhバッテリーを搭載していたことを考えても、かなりバッテリー駆動時間を重視したモデルと考えられます。解像度もトレンドであるWQHDまたはそれ以上ではなく、依然としてFHDを採用。バランスの良いモデルと言えるでしょう。HTC曰く、1回の充電で2日間の連続駆動が可能であるとのこと。

 筐体は金属で、背面に指紋認証センサーを搭載します。

htc-one-x10-3

 ディスプレイサイズは5.5インチ、実行要メモリは3GB、ストレージ容量は32GB、カメラは1600万画素、フロントカメラは800万画素で広角レンズ。

 現在、少なくともロシア市場向けに販売されることがわかっており、価格は1万9990ルーブル(約3万8千円)に設定されています。