まるでSF!Google Assistant、日本にも来る

 Googleは、開発者会議「Google I/O 2017」において、「Google Lens」を正式発表しました。

ap_resize

 Google Lensは、カメラに捉えられた映像の中に映っている物体が何なのかをAIが認識し、それに関連する情報を検索し、カメラ内の映像に上書きするように情報を表示するというもの。要はAR、拡張現実ですが、その有能さやビジュアルはさながらSFの世界です。

google-lens

 レストランの看板にかざせばその店の情報を、花にかざせば花の名前を、といった具合に。

 名刺や予定を撮影すれば、カレンダー等に入力できたり、はたまたWi-Fi設定を読み取って、それを自動入力してスムーズにWi-Fi接続ができるなどといった機能も。

 これら「Google Lens」は、あくまで音声アシスタントAI「Google Assistant」の一部として組み込まれるため、Android 6.0 Marshmallowを実行するスマートフォンおよびタブレットにて実行できる予定です。今回のGoogle I/Oにて、Android版には機能は劣るものの、iOS版も提供されることが明らかとなっています。

 Googleは、Google画像検索や画像クラウドサービスGoogleフォトを展開しており、それらとGoogle Lensとのシナジー効果も期待できそうですね。

 なお、Google Assistantは、ついに日本語にも対応予定となっています。対応時期は今夏とアナウンスされました。

 また、Google Assistantを搭載したアシスタント機器「Google Home」は、日本での年内発売がアナウンスされました。こちらも楽しみにしておきたいところです。

null