さらば、栄光のフラッシュ。アドビ、2020年にFlash廃止

adobe-flash-player-6

 Adobeは、Web技術「Flash」の提供打ち切りを発表しました。Flash Playerの配布やFlashの開発も含まれます。打ち切りのタイムスケジュールは2020年。

 Flashは長年、Web上の動画や動的なコンテンツを配信するのに不可欠な技術として利用されてきました。Web黎明期にブラウザゲームや「おもしろFlash倉庫」で時間を浪費する子供時代を過ごした少年たちは今頃元気にしているでしょうか。

 近年ではFlashの役割を、別の技術であるHTML5やWebGL、WebAssemblyが担っています。もはやFlashが過去のものとなっていたのは明白でした。

 反Flashの急先鋒であったiPhoneはスマートフォン市場で大きな存在感を発揮し、Webブラウザの主流派へとのし上がってきたGoogleのChromeがデフォルトでFlashをブロックし、今や時代遅れの最後端を走り続ける動画閲覧サイト「ニコニコ動画」ですらようやくFlashに代わるHTML5プレイヤーのベータ版を提供しているこのご時世、Adobe自らFlashに最終宣告を出すのは時間の問題でした。ついにその時が来るのです。

 AdobeはFlashのサポートを終了する2020年までに、HTML5、WebGL、WebAssemblyといったオープンな新技術へと移行するよう促しています。