軍事規格対応。電池容量増大した「Galaxy S8 Active」正式発表

 Samsungは、米国にて「Galaxy S8 Active」を正式発表しました。Galaxy S8シリーズの特徴であった左右両端のラウンドエッジディスプレイが廃止され、堅牢なフレームで囲まれています。

S8Active_MeteorGray_Front

 本機はタフネスモデルGalaxy Activeの第5世代モデルにあたります。防水防塵防粉塵耐衝撃性を備えるばかりか、米国防総省の定める米軍装備調達規格MIL-STD-810Gに準拠します。

S8Active_Gold_Front-461x999

 スマートフォンとしての基本的なスペックはGalaxy S8に準拠。ただし電池容量は3000mAhから大幅に増え4000mAhに。フロントカメラは800万画素となっています。

 米国での販売は、米携帯大手のAT&Tが専売。本体カラーはメテオグレーおよびチタニウムゴールド。

 日本では、NTT docomoがGalaxy Activeスマートフォンを取り扱ったことがありますが、本機が投入されるかどうかは不明です。