エッセンシャルフォン激似。シャープのベゼルレスフォン「アクオスS2」正式発表。

sharp-aquos-s2

 SHARPは、新型スマートフォン「AQUOS S2」を正式発表しました。最大の特徴は5.5型スクリーンです。解像度は解像度は2040×1080ドット。5.5インチでありながら、極力ベゼルを削ったことで、筐体サイズを抑えています。

aquos-s2-vs-iphone

 フロントカメラ部分を回避するように切り欠きがあり、Essential Phone PH-1によく似ています。

ph-1-color-black-moon_copy_1000x1000

(Essential Phone PH-1)

 指紋認証センサーの配置が前面にあるのか背面にあるのかは大きな違いと言えそうです。AQUOS S2のデュアルカメラは縦に並んでいます。2つのf/1.75レンズにより構成されています。画素数は1600万画素+2000万画素。

sharp_aquos_s2_1

 AQUOS S2は、あくまでミッドレンジの端末です。ただしスペック競争の激しい中国市場を念頭に置いていることもあり、ミッドハイ程度には高いスペックを備えます。スタンダードエディションはSnapdragon 630プロセッサ、実行4GBメモリ、64GBストレージ。より高スペックが必要であれば、ハイエディションはSnapdragon 660プロセッサながらも実行6GBメモリ、128GBストレージを備えます。

 両エディションともに、3020mAhバッテリー、指紋センサーを搭載し、OSはAndroid Nougatベースで、スキンは「Smile UX」とのこと。(いかにも中国メーカー製Android端末のようなUIです)

smile-ux

 中国市場での価格は2499人民元から。その他の市場における展開は現時点では言及されていません。

関連:話題の「Essential Phone」、日本市場投入か!?