iPhone Xの「A11 Bionic」の性能、MacBook Pro 2017にも匹敵

iPhone-X-A11-bionic

 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の搭載しているA11 Bionicヘキサコアプロセサは、iPhone 7のA10チップよりも大幅に改良されています。コアは2つの高性能コアと4つの省電力コアで構成されています。

 Geekbenchのベンチマークテストによると、iPhone XとiPhone 8のベンチマークスコアは、iPhone 7のA10を大きく上回る結果を見せています。

 iPhone Xのスコアは、シングルコアが4141、マルチコアが10438となっています。

a11geekbench-800x706

 A10X Fusion搭載の10.5インチiPad Proの平均Geekbenchシングルコアスコアは3887、マルチコアスコアは9210です。

geekbenchipadpro-800x327

 Appleの2017年版13インチMacBook Pro i5モデルは、シングルコアは4592、マルチコアは9602。なんとマルチコアに関してはiPhoneのA11 Bionicの方が優れたスコアを獲得しています。

geekbenchmacbookpro-800x384

 iDownloadBlogの比較表。

iphone-x-spec

(画像出典:iDownloadBlog

 Google PixelやGalaxy S8+などと比べても、圧倒的な性能を誇ります。

 スペック競争と言えばAndroidのイメージが強いですが、基本的には昨今のiOSデバイスはベンチマークテストにおいても優秀な成績を残しています。スマートフォンでグラフィック性能を要求するゲームを楽しみたいユースであればiOSは有力な選択肢であり、今まで以上のグラフィック性能を要求するであろうARゲームにも耐えられる「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は大いに検討に値するところだと思います。