JRとセントラル警備保障、子どもの改札通過を通知する「まもレール」提供へ。

mamore-ru

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)とセントラル警備保障は、「子ども見守りサービス『まもレール』」を10月1日に開始すると発表しました。利用料金は税別500円。(子供一人あたり)

 子供に持たせた交通系ICカード「Suica」「PASMO」にて、対象駅の自動改札を通過すると、保護者の携帯端末に「利用駅」「通過時刻」ICカードの「チャージ残額」が通知される仕組み。通知方法は「JR東日本アプリ」のプッシュ通知または電子メールが選択可能のため、スマートフォン・タブレット・ガラケーが対応します。

 対応駅は山手線、中央線(東京~高尾)の57駅。2018年春までに首都圏244駅に拡大予定。

 サービス対象の子供は小学生、中学生、高校生 (満18歳の年度末まで)。無記名式の「Suicaカード」「無記名PASMO」では利用不可。

 駅型保育園などの子育て支援施設の整備とともに本サービスを通じ、暮らしやすい沿線づくりを目指していくとのこと。