iPhone Xの背面の良さをそのままに保護する「ITG BACK GLASS」レビュー。

 iPhone Xの背面デザインは気に入っている、それを活かしつつも背面を保護したい。そんな時に役に立つ製品をご紹介します。

iphonex-glass-patchworks

 今回、Patchworks 背面用ガラスフィルム「ITG BACK GLASS」を提供していただいたのでレビューします。

 内容物は至ってシンプル。ガラスフィルム本体、貼り付け手順書、ホコリ除去用のシール、アルコール綿といった具合。

patchworks-iphonex-glass-film-back

 貼り付け手順としては、まず手を綺麗にし、ほこりの少ない部屋で貼り付けましょう。ガラスフィルム初心者や、失敗確率を少しでも減らしたい人には、お風呂場をおすすめします。

 アルコール綿(クリーニングワイプ)で、iPhone Xの背面をきれいに磨き上げましょう。

patchworks-iphonex-glassfilm]

 それでは、狙いを定めてガラスフィルムを貼り付けましょう。最初は気泡が入っているので、指で押し出して下さい。いくら精密に貼り付けても、多少は気泡が残ると思いますが、次第に抜けていきます。

2018-02-07-12.06

 貼り付けて、気泡が抜けた後。各種認証機関の表示でノイジーだった背面も、iPhone Xではスッキリ。

iphone-x-glass-rear-panel

 硬度9Hの0.4mm日本製ガラスを使用。うっかりポケットに鍵と一緒に入れてしまっても、簡単には傷がつきません。2.5Dラウンドカットなので、角が指に引っかかる感じもありません。オレオフォビックコーティングにより、背面の感触も気持ちいいですね。

iphone-x-glass-rear-panel-apple

 カメラ部分の出っ張りは抑えきれない点には注意が必要。

2018-02-07-12.50

  シンプルにAppleロゴとiPhoneロゴだけ。保護ケースを付けているときには感じられないiPhone Xの良さを、背面ガラスフィルムなら再確認できます。保護ケースは付けたくない、かといって裸族運用は不安、そんな人にうってつけです。