大手キャリアのサブブランドUQ/ワイモバ、揃ってデータ容量を倍増。

ymobile-softbank-uq-communications-y-mobile-uq-mobile

 SoftBankのサブブランド「Y!mobile」は、既存プランのデータ通信容量を増量すると発表しました。

ymobile

 月額料金据え置きで容量増加。適用は2018年9月1日から。

  • スマホプランS:1GB→2GB
  • スマホプランM:3GB→6GB
  • スマホプランL:7GB→14GB

 これに追従し、KDDIグループのUQコミュニケーションズも、「UQ mobile」にて料金据え置きで容量増加を発表。適用は2018年12月1日から。

  • プランS:1GB→2GB
  • プランM:3GB→6GB
  • プランL:7GB→14GB

 これにより、SoftBankの別看板やauの別働隊といった大手キャリア系の自称「格安スマホ」が、揃ってデータ容量を倍増したことになり、MVNOにとっては大きな脅威となりそうです。