Razer Phone 2の機能・スペック・価格まとめ

スクリーンショット 2018-10-20 18.27.14

 Razerは、Androidスマートフォン「Razer Phone 2」を正式発表しました。

そもそもRazerとは

RazerLogo

 RazerはシンガポールのPC周辺機器メーカー。PCゲーマーなら誰もが知っているゲーミングデバイスのメーカーですね。マウスやキーボードなどでお世話になっている人も多いでしょう。私もRazerの左手ゲームパッドを愛用しています。

 Razerがクラウドスマホで知られる「Robin」のNextbitを買収、その開発部隊によって作られたのがRazer Phoneシリーズです。今回、スペックが強化されたRazer Phone 2が発表されました。

phone-c2-usp05-battery-desktop

デザイン

 16:9比率のディスプレイで、ベゼル上下にはスピーカーを搭載します。Dolby Atmos対応。ガラス筐体。ゲームプレイと没入感を阻害する邪魔なノッチもありません。

phone-c2-usp01.2-120hz-panel-desktop

Sponsored Links

 個人的にはあまり興味が無いのですが、PCゲーム業界で「ゲーミング」を謳う製品には、やたらピカピカ光るものが多く、今回、Razer Phone 2はChroma LEDにより背面ロゴがカラフルに光ります。まあ、RazerらしいといえばRazerらしいので、Razerファンや、光るのが好きな一部PCゲーマーにとっては嬉しいポイントでしょう。

phone-c2-usp06-water-resistant-desktop

 IP67の防水防塵対応。カラーバリエーションはMirrorとSatenの2種類。

razer-phone-2-vs-razer-phone

(画像出典:Windows Central

120Hz IGZO液晶

 Razer Phone 2は、引き続き120Hzのリフレッシュレートを持つ5.7インチIGZO液晶を搭載します。最新のPCゲームでは高フレームレートで滑らかに描画することが重視されており、このトレンドをスマホにも持ち込むもの。初代Razer Phoneローンチ時には60fps以上のフレームレートに対応を表明するタイトルがいくつか発表されました。

 ASUS ROG Phoneは90Hz、AQUOS R2は100Hzなど、高駆動ディスプレイ採用機種もじわじわ増えています。120Hzという業界最先端の高駆動液晶によって、今後もRazer Phoneにはゲーミングスマホの最先端を切り拓いていってほしいですね。

phone-c2-usp01-fastest-screen-desktop

 このほか、画面輝度は50%向上。Netflix HDR認定。前面を保護するゴリラガラスも3から5へ変更、耐久性が増しています。

冷却機構

phone-c2-usp02.2-vapor-desktop

 ベイパーチャンバー採用の冷却システムを採用。ヒートパイプに近い仕組みで、SoCのの熱で気化した液体がチャンバー内を移動することで冷却するというもの。Snapdragon 845搭載スマホも出始めは熱問題が取り沙汰されましたし、結局はゲーマーにとっては、ベンチマークによって瞬間的なスペックを出せるよりも、長く高いパフォーマンスを持続するほうが重要です。まさにゲーマー向けのスマートフォンと言えます。

スペック

 背面デュアルカメラ。動画は120fpsで録画可能。滑らかに視聴できる画面に相応しく、滑らかな動画を撮影できるということです。

OS Android 8.1 Oreo
Nova Launcher Prime
CPU  Snapdragon 845
メモリ 8GB 
ストレージ 64GB, microSDあり
ディスプレイ 5.7型 WQHD(2560×1440), IGZO液晶, 120Hz
ゴリラガラス5
カメラ 12MP + 12MP
インカメラ  8MP
 バッテリー 4000mAh, QC4.0+
寸法  158.5×78.9×8.5 mm 
バンド FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD-LTE B38/39/40/41/48
W-CDMA B1/2/3/4/5/8 
その他  USB Type C, 指紋認証センサー
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth 5.0, NFC, Qi
Sponsored Links

価格・発売日

 10月発売。定価は799ドル。