インド市場奪還へ。サムスン、水滴ノッチ搭載「Galaxy M20/M10」正式発表

 最近は苦境やラインナップ再編など、様々な情報が伝え聞かれる、世界第1位のスマートフォンメーカー韓国サムスン電子は、今回、Galaxy M20およびGalaxy M10を正式発表しました。

Sponsored Links

Galaxy Mシリーズ

Galaxy Onシリーズの後継

 Samsungは朴槿恵前大統領への賄賂で収監されていたサムスン電子副会長の李在鎔が開放後、様々な改革を進めています。

 中低価格帯スマートフォンのラインナップの再編を進めており、その一環として、Galaxy Aシリーズの拡充や、中国・インド市場向けだったGalaxy Onシリーズに代わる新たなブランド「Galaxy M」シリーズ創設を行うと、韓国メディアETnewsによって伝えられていました

 このGalaxy Mの機種として、今回登場したのがGalaxy M20とGalaxy M10です。

インド市場で巻き返しを狙う

 最近、Honor(Huaweiのサブブランド)やRealme(OPPOのサブブランド)、Xiaomiなど中国メーカーがインド市場で飛躍的に伸びています。世界トップメーカーSamsungといえども、インド市場では苦戦勢い増すXiaomiに1位を明け渡しています。

 Galaxy Mによって、Samsungはインド市場で巻き返したい考えです。

 現地メディア「India Today」は、Galaxy M20 / M10について、「Galaxy JやGalaxy Onなどといった従来端末とは全く異なり、新しさをもたらし、より競争力がある」と賞賛をもって迎えています。

Galaxy M20 / M10の特徴

水滴ノッチ

 SamsungはInfinity-Vと呼称する、流行の水滴型ノッチを画面上部に備えています。画面方式は有機EL。いずれもWidevine L1認定を取得しており、YouTubeやNetflix、Amazon Primeビデオを高画質で見られるとしています。

スペック

 Galaxy M10は6.2インチ HD+、Exynos 7870、容量3400mAh電池。Galaxy M20は6.3インチ FHD+、Exynos 7904、容量5000mAh電池。いずれもAndroid 8.1 Oreo。

Sponsored Links

色展開

 カラーバリエーションはオーシャンブルーとコーラルブラック。

価格

 M20の価格は3+32GBモデルが10990ルピー(1万7千円)、4+64GBモデルが12990ルピー(2万円)。 M10の価格は2+16GBモデルは7990ルピー(1万2千円)、3+32GBモデルが8990ルピー(1万4千円)。