噂:Kuo氏レポートに基づく2020年のiPhoneのサイズ感の違い すまほん!!

 TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏。これまで数多くの予測レポートを的中してきた同氏は最新のレポートにて、2020年後半に登場するiPhoneは、XSのラインが5.4インチ、XS Maxのラインが6.7インチになると予測しています。

 これを受けて、リーク情報に基づいていち早くレンダリングを作成することに定評のあるBen Geskin氏が、「2020年iPhone」のレンダリングを作成、公開しました。デザインについては2019年モデル、サイズ感については2020年モデルといったところなので、あくまでサイズ感を知ることを念頭に置いて画像を見るのが良いでしょう。

Sponsored Links

(2020年のiPhone:XS Maxライン6.7インチ、XSライン5.4インチ)

 現在、iPhone XS Maxが6.5インチ、XSが5.8インチですが、「大きいモデルはさらに大きく、小さいモデルはさらに小さく」となっており、画面サイズの差別化をさらに推し進めていることがわかります。

 画面サイズのあまり変わらない3機種(XS, XS Max, XR)を並べている現状がいまいちイケてないので、製品ごとの特色を強めたと見れば妥当でしょう。

 なお、iPhone XRは6.1インチですが、Kuo氏レポート曰くXRラインの2020年モデルもまた引き続き6.1インチディスプレイを搭載しているとされています。

 2020年には、上位2機種が5G対応を果たす一方で、XRラインはLTE版のみになるものと見られています。逆に言えば、やはり今年のiPhoneは5G非対応ということになります。