噂:2020年のiPhoneの有機EL、サムスンから中国BOEに変更も? すまほん!!

 米Appleがコスト削減をすべく、韓国Samsung依存度を減らすため、中国のディスプレイメーカー「BOE TECHNOLOGY GROUP(京东方科技集团股份有限公司)」のフレキシブル有機ELを採用することを検討中であると、Nikkei Asian Reviewが報じました。

Sponsored Links

 Appleは2020年のiPhoneに搭載するフレキシブル有機ELを中国四川省成都のBOE施設で積極的にテストしていると、情報源はNikkei Asian Reviewに語ったとのこと。さらにBOEは別の施設を成都に建設中で、Appleの生産に割り当てられる可能性があるとも。

 BOEは世界最大の大型液晶ディスプレイメーカーで、昨今は有機ELに力を入れています。既にAppleのiPadやMacBook向けの液晶ディスプレイを供給するメーカーでもあります。

 現在、iPhoneにおいて最も高い単一部品が有機ELディスプレイであると言われており、Samsungがこれを独占的に供給しています。

 Appleはサプライチェーンの多様化によってリスク軽減や有利な価格交渉を実現しようとしており、ディスプレイなど特定部品は2社から供給を受けていることがあります。

 Appleは今年末までに、BOEをサプライヤーとして採用するかどうかを決定するとのことです。

Sponsored Links

 証券アナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは2020年に全てのラインナップをOLEDに移行すると予測しています。

 それによると2020年のiPhoneは、5.4インチ・6.7インチのハイエンドOLEDモデルと、6.1インチ廉価OLEDモデルの3種類になるとしています。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はオンラインショップで。(解説