日本でのシェア、Androidが57.2%でiOSを上回る。利用スマホはiPhone、Xperia、AQUOS すまほん!!

 ユーザー動向調査に強いMMD研究所は、2019年12月 iPhone・Androidシェア調査の結果を発表しました。調査サンプルは15歳から69歳の男女9753人。販売数ベースではなくアンケート調査の結果です。

 それによると、メインで利用しているスマートフォンの利用率はAndroidが57.2%、iPhoneが42.8%。つまりAndroidの方が約15%多い結果となりました。

 2018年のモバイルデバイスシェア調査と比べると、Androidは3.9%増、iPhoneは3.9%減になるといいます。

 また、利用者の割合を性別・年代別に見てみると、20代~60代男性と30代~60代女性は「Android」の利用率が多く、10代男性と10代~20代女性は「iPhone」の利用率が多かったとのこと。

 利用しているスマホメーカーとしてはApple iPhoneが42.8%でトップ、次いでSony Mobile Xperiaが17.6%、SHARP AQUOSが12.1%。

Sponsored Links

 2018年と比べるとSony Mobileが3.5ポイント増、SHARPが0.5ポイント増、Samsungが3.4ポイント増、HUAWEIが1.4ポイント増となったのに対し、Appleは3.9ポイント減、富士通は1.6ポイント減となりました。

 次回機種変更をするときにどちらのプラットフォームを選ぶか聞いたところ、iPhoneユーザーの89.2%が次もiPhoneを、そしてAndroidユーザーの79.8%がAndroidを購入すると回答しています。