Galaxy S20はまさかの120Hz非対応?情報が錯綜 すまほん!!

 Galaxy S20シリーズは全て、120Hzのなめらかディスプレイになるともっぱらのです。

 しかしリーカーIce Universe氏は、Twitter上にて、SamsungがGalaxy S20シリーズのディスプレイのリフレッシュレート120Hz駆動について、非対応とすることを検討していると連続投稿しました。

 最新バージョンのテスト機では、2K 120Hzが無効化されており、強制的に60Hzになっているとのこと。

 OnePlus 8 Plusは120Hz対応になるとリークされていることや、リフレッシュレートはユーザーがオプションで選択可能であるべきことから、Ice Universe氏はSamsungに苦言を呈しました。

 既にSHARP AQUOSを皮切りに、RAZR、Google Pixel、OnePlus、OPPOなどが続々とディスプレイを高駆動化している流れがあるだけに、王者Galaxyの最新旗艦が未だに60Hz止まりになるというのはにわかには信じ難いところ。

Sponsored Link

 高駆動化には電池消費が増えるというデメリットはあれど、Appleも既にiPad Proを120Hz化していることを考えれば、おそらくiPhoneの高駆動化も時間の問題です。一度使うと病みつきになる高駆動による滑らかな動作は、iPhoneが最も重視するユーザー体験に直結する部分でもあるからです。

 なお、一連のIce Universe氏のツイートに対して、海外サムスン情報サイト「AllAboutSamsung」の編集者であるMax J氏は、あくまで噂に過ぎない情報であり疑わしいと否定。そもそもOnePlusに高駆動有機ELディスプレイを供給しているのはSamsungであると反論しました。

 このツイートの後、Ice Universe氏は一連のツイートを削除しました。

 Ice Universe氏は様々な情報を投稿し、当たっている場合もありますが、中国Weiboに流れている情報をそのままコピペして発信していることを他のリーカーから指摘されて削除したこともあるなど、信憑性に疑問符がつく部分もあります。

Sponsored Link

(Galaxy S20 Ultra 出典:Cashkaro

 Galaxy S20シリーズは、値段控えめ6.2インチ Galaxy S20、6.7インチ Galaxy S20+、そして大画面で五眼カメラの6.9インチ Galaxy S20 Ultraの3モデル展開となり、2月のGalaxy Unpackedにて正式発表されると噂されています。

Galaxyをオンラインで購入する
docomo au 楽天 ETOREN