グーグルのメガネ「Glass EE 2」、開発者向けに販売開始 すまほん!!

 Googleは、「Google Glass Enterprise Edition 2」を開発者向けに販売開始しました。価格は999ドル(約11万円)から。

 2013年に「Glass Explorer」の仮称で、そのSFチックな見た目で鳴り物入りで登場したGoogle Glass。半透明の画面を視界に投影できる、Googleが作った個人消費者向けメガネということで期待度はかなりものでしたが、解像感の不足や機能の欠如、そして電池持続時間の著しい短さと言った問題がネックに。結局フェードアウト。その後、企業向けにターゲットを絞ることで、ひっそりと復活、生き残っています。

 現在のGoogle Glass Enterprise Editionは物流、製造、工場作業などの場で必要な情報やツールにハンズフリーでアクセスし、効率的に仕事をするためのツール。これを導入した企業は、生産時間の短縮、品質の向上、コスト削減を実現できるとしています。

 最新機種となるGlass EE 2は、2019年5月に発売。強力な処理能力を持つSnapdragon XR1やUSB Type-C端子を搭載。スペックは以下の通り。

Sponsored Links
OS Android Oreo
CPU Qualcomm Snapdragon XR1
Quad Core, 1.7GHz, 10nm
メモリ 3 GB LPDDR4
容量 32 GB eMMC
画面 Optical Display Module (640×360)
カメラ 800万画素, 80 DFOV
慣性 Single 6-axis Accel/Gyro, single 3-axis Mag
電池 820mAh, 急速充電
重量 64g
無線 Bluetooth 5.x AoA
802.11ac, デュアルバンド, シングルアンテナ
LED Privacy (camera), power (rear)
その他 USB Type-C, USB 2.0 480Mbps
モノラルスピーカー, USBオーディオ, BTオーディオ
3ビームフォーミングマイク
マルチタッチジェスチャータッチパッド

 これまでパートナー企業を通じた販売のみに販路を限定してきました。基本的にパートナー企業が作った業務アプリとGlassをセットで販売していたのです。しかしCDW、Mobile Advance、SHIといった企業から端末の直接購入が可能となりました。開発者により門戸を開けた形です。

 動作も快適となり、実用性を増したことに変わりはありませんが、個人向けのパワフルなAR/XRではなくあくまで現場作業員のハンズフリーでの情報表示が主。今後の可能性に期待したいところです。